登別の居酒屋「ぐうちょきぱ」新鮮な海鮮料理と日本酒をご提供!

【居酒屋ぐうちょきぱ】

登別の居酒屋店長の独り言

清武の乱



ぐうちょきの黒板も冬らしくなってきました。

元高校球児の私は、プロ野球巨人の来季のコーチ人事を巡っての清武元GMと読売巨人軍の渡辺恒夫会長とのやり取りに興味深々。
清武元GMにとっては自分の考えたコーチ人事を会長の鶴の一声で変えられたらそりゃ面白くはないですね。
言うなれば、私の考えた宴会の献立を社長の鶴の一声で変えられたり、若くても有能なスタッフの待遇を良くできなかったり・・・
あくまでも例えです!(笑)

そもそもGMの仕事ってなんなんだろう?
調べると
「チームの編成や方針の決定、選手や代理人との契約交渉、トレードやドラフトなどの新人獲得のとき誰を獲得するか、あるいは放出するか、誰を2軍などの下部組織から昇格させるかなど多岐にわたる。それらを球団オーナーから用意された予算の範囲内でこなしてゆく。」
だそうです。つまり、金を出すのはオーナー、選手を取ったり、チームの構想を作るのはジェネラルマネージャー、実戦の指揮をとりチームを強くするのは監督って事ですね。

そうすると渡辺恒夫会長が言う
「定款で、巨人の主要人事は読売新聞 グループ本社の代表取締役である私の事前の承認が必要だ。手続き上、何ら問題のないことだ」
「組織規定にGMに関する条文はまったくない。コーチの人事権が誰にあるか明確に定めた条文もない」
もなんかしっくりこないですね。
そもそも日本のプロ野球がメジャーのまねしてGMを置くのは無理があるんじゃないだろうか。
メジャーのGMとは上記の役割の他に積極的にメディアに露出しチームを売り込む、球団の顔という側面もあるので日本のお堅いGMには無理っぽい。こなせそうなのは東国原元宮崎県知事くらいしか思い浮かばない。

渡辺恒夫会長は清武元GMを名誉毀損で訴えると言い泥沼の様相を見せているがどうなんだろう?
そもそも85歳にして未だ今の地位にいるこの現状が組織としてあまり良い事とは個人的には思わない。

ここまでツラツラと書きましたが今回の清武元GMのやり方を心情的には理解できるがなんか全面的には支持できないなー。
コーチのために声をあげたようですが、その肝心のコーチからの助太刀もないし、仲間と思っていた桃井元オーナーには手のひらを返されるし、コンプライアンス連呼してましたが法律違反とはならないようだし渡辺恒夫会長の恫喝?の

「君は破滅だぞ。」

「江川なら集客できる。」

「悪名は、無名に勝る。」

は確かにもっともな事だと思うんですよね。
野球界はおろか政治の世界まで影響力のあるこの人物に攻め入るには力不足というかなんというか・・・
もっと決定的に世論が納得する理由をあげ一場靖弘をめぐる裏金事件のような証拠を掴んでるとかならまだ勝ち目もあるんでしょうが。
そういえば渡辺恒夫会長はこの裏金事件の責任をとって辞任しましたが一年くらいで即復帰してるんですよねー。
渡辺恒夫会長を本気で引きづり降ろそうと思うなら決定的な切り札がなければ無理そうですね。
清武元GMの落とし所も見えてこないしどうなることか?
先ほども言いましたが心情的には清武元GMですが、言ってる事は渡辺恒夫会長に分がありそうですね。

あとはドラフトの事も書きたいがまた後日。



スポンサーサイト

ポン酢仕込み



厚岸産生カキ



タチポン等がおいしい季節になってきましたね。
ぐうちょきでも好評頂いております。
それに欠かせないのがポン酢です。



お酒を煮切り



昆布を焼き



おいしくなるように愛情注入。

これを4~5日寝かせ、まろやかにします。

ぐうちょきでは素材はもちろん調味料にいたるまでこだわっています。
醤油もお刺身に合うように合わせていますので生醤油と比べると一目瞭然。
リクエストがあれば醤油を2つ出しますので是非食べ比べて下さい!

おいしい隠れや

先日、義父に食事に連れていって頂きました。
そこは中島の飲食店が立ち並ぶ通りの奥まった所にひっそりとありました。
扉を開けると、表のひっそり感とは対照的な煌びやかなワイングラスに目を奪われ
そのワイングラスに負けない程のイケメンマスターが迎えてくれました。
そのマスターは和食を8年ほど修行し、その和食に洋食をアレンジした新和食的な料理を提供していました。
メニューを見るとアンコウが!
私もよくアンコウを使うので勉強も兼ねてアンコウを入れたお任せを頼みました。



まずはアンキモと煮凍り



アンコウの頬肉のから揚げ



アンコウのムニエル



鴨ロースト



真タチのスープ


(撮影許可済み)

丁度、私の誕生日でその旨を話すと即興でケーキを作ってくれました。

中島にもこんなに腕の良い職人さんがいるんですね。
とても勉強になりました!


アコースティックナイトin登別



先日、登別市民会館でアコースティックナイトin登別がありました。
終わってからの打ち上げでぐうちょきに来店頂きありがとうございます。
ぐうちょきのマスター初め、年配のスタッフ達が興奮しっぱなしでした。
御三方ともオーラがすごかったです。有名人の方ってなぜこうも立ち振る舞いが違うのだろうか?
それでいて気さくに話もして頂きとても恐縮でした。



調子に乗ってサインまで頂いてしまいました。
お疲れの所申し訳ありませんでしたm( _ _ )m



せっかく北海道に来て頂いたので今しか食べれない、鵡川のししゃも寿司を握りました。
ドリンクはシャンパンと道産のワインをご用意させて頂きました。
みなさん喜んで頂いたのでホッと一安心。

寿司を握ると小樽のグランドホテルで働いていた時を思い出します。
ホテルなので朝食から始まり、それが終わるとすぐに出し巻き卵を腕の感覚がなくなるまで何十本と巻き、昼食に合わせて寿司を一心不乱に握っていました。

メニューには載っていませんがリクエストがあれば寿司も握ります。
お気軽にお声をかけて下さい!

込み合ってる時は握れないのでごめんなさい・・・


食品衛生指導員養成講習会

11月21日(月)営業致します



初雪も降り、段々と冬の足音が聞こえてきましたね。
ぐうちょきの黒板は秋真っ盛りですが・・・

今回は飲食店における食品衛生について書きたいと思います。
まず、飲食店を営業するには食品衛生責任者をお店に置かなくてはいけません。
なぜなら、安心安全をお客様に提供することが何より大切だからです。
食品衛生責任者は調理師の免許があれば誰でもなれますが指導員には専門の講習を受けなくてはなりません。
ぐうちょきも食品衛生をより強化すべく講習を受けてきました。
この講習が長いこと長いこと。
朝9時から夕方4時半までぶっとうしで講習を受けます。
いろんな角度からの指導なので直接関係ない食品の小売の表示方法等の講義も受けなくてはいけません。
その中で消費期限と賞味期限の違いを知ることができました。
その違いは期限が5日以内なら消費期限となり日持ちのするものは賞味期限と表示します。
それと原材料の記載は含有量の多い順に記載する決まりなので、その商品に何が多く入っているかがわかりますね。
ちなみに食品添加物は最後にまとめて記載しなくてはいけません。
また、新しい衛生管理技術のHACCPの導入により、その説明もありました。
これは、より安全に商品を提供するために考えられたNASAで開発された食品の衛生管理システムです。
NASAの言葉が出てくるだけでなんか仰々しいですね。
あとは食品衛生協会会員のための福利厚生制度の説明もありました。
つまりは何かトラブルが起こった時のための保険ですね。
食品に異物が混入しお客様が口内を負傷した時の保障から食中毒が発生し、営業停止中の休業補償まで保障内容は様々です。
掛け金にもよりますが5000万~一億円を上限に保障されます。
しかしユッケ食中毒のえびすの件はこの保障を逸脱していますし大丈夫なのでしょうか?
いや、大丈夫なわけがないですよね・・・

これからもぐうちょきでは安心安全を第一に考え、日々食品衛生を向上させていけるよう勤めていきます!

ボジョレーヌーボー

11月21日(月)営業致します



17日にボジョレーが解禁になりました。
元々はその年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的としたものでしたが
日本では時差の関係で世界で一番早く解禁されることもあって一種のイベントのように売り出されます。
ワイン通の友人曰く
「ボジョレーをあり難がるなんてワインを知らないやつ」
だそうです。
私はあまりワインは飲みませんがやはり初物はありがたい気持ちで飲みたいですね。
それとボジョレーの味もそうですがその年の評価が気になります。

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
09年「香りや味わいのバランスがよく、50年に1度の出来栄え」
10年「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」 

今年はどんな評価が下されるのでしょうか?
考える人も大変でしょうね(笑)

内藤大助 引退

元世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオンの内藤大介選手(37)がついに引退しました。
原則37歳でボクサーライセンスが失効されますが、元チャンピオンで世界ランカーの内藤はこの限りではありません。
内藤自身が体力的には大丈夫と言っていますし、やはり亀田興毅との再選が実現しなかったのが原因でしょう。
弟のリベンジを果たせた興毅には対戦して勝ってもメリットはなく万が一負けた場合のデメリットは計り知れません。
それでも対戦を受けて欲しかったなー。
これで引退するのがとても惜しいです。
内藤は15年間の現役の中でわずか3敗しかしておらずその内2敗は絶対王者のポンサクレック、残り1敗は亀田興毅です。
ファイトスタイルはフライ級では172cmと長いリーチを活かしての戦い方と思いきや、相手の懐に飛び込んでのショートやアッパー、常に状態を揺らしての攻防一体のスタイル、しかもKO率は7割位もあるハードパンチャー。
実に偉大なチャンピオンでした。
しかも出身が北海道虻田郡豊浦町で近いので親近感が沸きます。
引退後は芸能活動と公演等をやるそうなので活躍を期待しています。
近くで公演とかやってくれないかな。
打ち上げはぜひ、ぐうちょきで!

カムイヌプリ8

・・・続き

甘く見てました。
登りよりも降りが数倍キツイです。
坂を降るには足を踏ん張らないといけず、すぐに太ももがプルプルとしてきます。



未だ9合目、大丈夫だろうか?
子供店長は下り坂に足の踏ん張りがきかず転げ落ちるように降っていきます。
しかし体的にはキツイですが精神的には登りよりも余裕を持って山を楽しめました。
登りきった自信からか子供店長にも少しの余裕が見てとれました。



気づけば登山口の紙垂まできていました。
山の神様にお礼を言って



下山の記入をすませ家路に着きました。

このはじめての登山はお金では絶対に買うことのできない貴重な体験となりました。
未知なる山の厳しい試練の積み重ねの中で、6歳の子供は勇気、忍耐、不屈の精神力、強靭な肉体を鍛え上げた事だろうと思います。

ふと私の師匠の言葉を思い出しました。
「経験した事のない事を経験しろ」
料理とは関係のない経験でもどんどんしろと。
それは必ず自分にプラスになると。
その時は歌舞伎を見に行けと言われていましたが結局見にいかず。
今思えば東京に住んでいたのだから経験しとけばよかった・・・
今回の登山はそんな師匠の言葉が正にその通りと感じた良い経験をしました。

終わり



カムイヌプリ7

・・・続き



頂上一歩手前に鐘がありました。
それを高らかに鳴らしいざ頂上へ!



写真写りは最悪ですがカムイヌプリで一番高い所に立った感想はありきたりで申し訳ないですがそれまでの達成感で胸が一杯になりました。



こちらが頂上からの景色。
幌別の市街地と室蘭港を一望できる360度の大パノラマ。
これを見るだけでも登る価値はあると思います。
頂上のその先には室蘭岳へ続く新たな道が・・・
機会があればそちらの方も行きたいと思います。
今はこのカムイヌプリの頂上を満喫し、昼食に。



頂上で食べるおにぎりは今まで食べたどのおにぎりよりもおいしかったです。
昼食を食べ終わりふと気づく

同じ距離を降らなくてはならない事を

前に見たエベレスト登山のドキュメンタリーではこうも言っていました。
あまりにもきつい登りで頂上に着いた喜びよりも降りる絶望に支配された隊員がブリザードが吹き荒れる暗闇を駆け出して深い崖に身を投げる事もあると。

・・・大丈夫だよね?

続く

カムイヌプリ6

・・・続き

とりあえず落ちてもいいように子供店長を先に登らせ、荷物も私が持つ事に。
登って行く6歳の背中を眺めながら、あんなに小さかった息子が今は目の前に立ち塞がった崖を自らの力で登って行く姿に感動してしまいました。
感動はいいのだが私が登れなければどうしようもありません。
先ほどの小屋で回復した体力をここですべて使いなんとか登りきりました。
すると先に登っていた子供店長が
「後ろを見て」
と、



登りきった先には幌別ダムを一望できる素晴らしい景色が広がっていました。
まだ途中なのにこの景色。
頂上の景色は一体どんなものだろう?
それだけでまた登る気力が溢れてきました。



そしてついに9合目。



この道の先についに頂上が!