登別の居酒屋「ぐうちょきぱ」新鮮な海鮮料理と日本酒をご提供!

【居酒屋ぐうちょきぱ】

登別の居酒屋店長の独り言

八丁平小学校学芸会



先日姪の学芸会へ行ってきました。
その劇が結構面白いものでした。

未来の学校教育がテーマのようで、
生徒には人権がなく名前も番号で呼ばれ
夢や希望を持つことは禁止、
言われた事のみ従う事を強制され
服従を強いられていました。
教師は鞭を標準装備。
反抗する生徒は容赦なく鞭を振るわれます。
それでもいう事聞かない生徒は
武装したような教師が複数現れ
A「俺がやる」
B「俺がやる」
C「俺がやる」
AB「どうぞどうぞ」
とお決まりのあれがあり
集団でボコボコにされてしまいます。
劇中ではNo'8と呼ばれている生徒がやられていました。
結構シュールです。
唐突に博士が出てきて教育から日常までを完璧にこなすロボット教師を
校長に売りつけます。
「このロボットのエネルギーは240時間。エネルギーが切れると二度と動かなくなる」
そうです。
今時自動で動くロボクリーナーでさえ自分で充電器の所までいき充電するのに
未来のハイテクロボットがこれでは・・・
なんだかんだでこのロボットが生徒達に
「心」
を取り戻させます。
本来の名前を与え夢や希望を抱かせる事に成功。
これに焦った教師達がロボットのエネルギー源を取り上げてガス欠で動かなくしてしまおうと企みます。
しかし教師がこんな事をすればやばいのでは?
こんな高度なロボットが安いわけはないし、ましてや学校の予算で買ったものを意図的に壊すのですから懲戒解雇も視野に入ってきそう・・・
まあ現代でも飲酒運転した教師が教壇に戻ったり、
性的な事件を犯しても復職したりと緩いから
未来でもきっと緩いんだろうか。
話は戻り、エネルギーがどこにあるか知らない教師達が思案していると
No'8が現れ
「エネルギーは校長室の金庫の中にある」
と教師に伝えてしまいました。
なぜNo'8が知ってるかは最後まで謎でしたが
これをきっかけに予備エネルギーがなくなってしまいました。
そして正しきロボット教師は死んでしまいます。
最後に
「許す心を取り戻して」
と・・・
チクッた生徒を許してあげてと言う事でしょうが
なんか救われないなーと。
心の汚くなった大人が見るとこう見えてしまうのだろうか・・・



主役の正しきロボット教師の役の子の演技はうまかったなー。
将来は女優かな。
姪の演技は面白い演技でした!


スポンサーサイト

REGALO(レガーロ)



若草町にあるカフェ・レストランREGALO(レガーロ)へ行ってきました。
店の造りから若い人がメインターゲットかなと思っていましたが
入ってみると子供連れのお客さんがチラホラと。
個室もありトイレには幼児を置くスペースも。
アメニティーも充実していますし接客もしっかりしていました。
これはリピート率が高そう。
メニューにあったおまかせコースを注文しました。
(写真許可済み)



まずはマグロのカルパッチョ。
ユッケ風かな?



サラダは芋のチップが食感に変化をつけていておいしかったです。



パスタ。
ここら辺でもうお腹がいっぱい。
年のせいかどんどん食が細くなる・・・



ピザは食べきれずお持ち帰りにしてもらいました^^;



エビのソースがおいしかったです。
先月ぐうちょきで出していたエビのオーブン焼きと似てるかも。



オニオングラタンスープ。



お肉。
すごい厚みがあり食べ応え十分。
ジンジャーが肉とマッチしていました。

最後はデザート。
撮り忘れ・・・

料理もおいしく店の雰囲気も良いのでまた行きたいと思います。
ご馳走様でした!


壮瞥の農家



先日オロフレ峠を通って壮瞥へ行ってきました。
紅葉はまだ先のようで、この前通った時とさほど変わっていませんでした。



壮瞥町は農業やりんごやぶどう等の果樹栽培が盛んです。



果物狩りで賑わいを見せていました。



前回はすでに収穫していた南瓜ですが今回は直接畑まで行ったので菜っている所を直に見れました。
南瓜ってこうやって作るんですね。
土に触れた所が変色してしまうのでつるを這わせて中空で育てます。
前回頂いた100個がすでになくなりそうなので
今回も同じ量を頂きました。
南瓜料理を試行錯誤中。



ピーマンの畑を発見。



こちらはパプリカではありません。
上の青いピーマンが熟して赤くなったものです。
畑に行った醍醐味でそれをそのままガブリ。

ピーマンなのに甘い!

熟すとこんなに甘くなるなんて初めて知りました。
直接生産者さんとお話をすることでたくさんの事を学べますし
それを糧に料理の幅も広がります。
来年もお邪魔しますのでよろしくお願いします!

来福 純米吟醸生原酒 X -エックス-



来福 純米吟醸生原酒 X -エックス-入荷しました。
こちらの日本酒は

純米吟醸という以外、すべてのスペックは非公開!

日本酒はこう飲まなくてはという概念を捨てて楽しんでほしい
との想いから非公開にしたそうです。

もちろん純米吟醸ですし



ぐうちょきで度々入荷している来福シリーズなので品物は確かです。
私もお客様がご注文するまであえて試飲はしていません。
どんな味かはお客様ご自身でお確かめ下さい。
なくなり次第品切れとなりますのでお早めに!


本格焼酎伊佐美



甲斐商店の伊佐美入荷しました。

芋焼酎は臭くて嫌という人もいますが、この焼酎はとても飲みやすいです。
独特の香りで香ばしく、芋の甘さも感じさせます。
こちらの焼酎もメニューには載せていませんのでスタッフまでお尋ね下さい!



木樽蒸留かめ仕込み 園の露



川崎醸造から本格焼酎園の露入荷しました。
しかもアルコール度数30度の米焼酎です!

一口含んだだけで焼酎本来のコクと旨みとそして甘みが感じられます。
そこから香りも加わりじんわりと口内を広がります。

ぐうちょきでは色んな焼酎をお取りしていますが
その中でもこれは特におすすめです。
「旨いお酒」が好きな方はぜひお試し下さい!
メニューには載せていませんのでスタッフまでお尋ね下さい。

ざわわー♪
話は変わりますが本日シンガーソングライターで女優の
Mさんがお見えになりました。
ミーハーな私は大興奮。
自慢のお酒をおすすめしたかったのですが
個室に入られたのでなかなかすすめられず。
TVで見るより小柄な感じでしたが
やはりすごいオーラがありました。
これからも頑張って下さい!


ぼっちゃんかぼちゃ



先日オロフレ峠を通って壮瞥の農家へ行ってきました。



目的はぼっちゃんかぼちゃ。
年末の忘年会シーズンの先付けで出す予定なので
まとまった数を確保するべく農家へ直接交渉へ。

大きさもベストで特に色艶が良かったです。
南瓜は地面についてる部分が変色するので
つるを巻きつけて変色しないようにしている等
直に聞けて勉強になりました。

しかし行った時にはすでに箱に詰められていたので
実際の畑は見れずじまいでした。
近々もう一度行ってこようと思います。



帰り際にメロンや大根、白菜キャベツ、
いろんな野菜を頂いちゃいました。
どれも新鮮で甘みがすごかったです。
一般に野菜が消費者の口に入るまでには
とても多くの工程があり、仲買人を複数人経て
売り場へと並べられます。
しかし本当においしい物は畑の近くです。
ぐうちょきではこれからも畑の近く、海の近くから
新鮮な食材をお客様に提供できるよう頑張ります!

登別の食を考える会

登別の食を考える会では新メニューを考案中。



登別牛のそぼろ煮と登別産の軟タコの唐揚げをのせた丼ぶりを試作しました。
唐揚げには濃い目の甘ダレをかけ、そぼろは登別牛なのでジューシー。
まだまだ改良点はありますが登別の新しい名物を目指し試行錯誤中です。



ハンバーガーも試作。



こちらはライスバーガー。

登別の食材をもっとアピールするべく奮闘中。

特撰梅酒 うぐいすとまり 鶯とろ



特撰梅酒 うぐいすとまり 鶯とろ入荷しました。
以前入荷したときはあっという間に品切れとなってしまいました。
この梅酒は2011年、天満天神梅酒大会「梅酒部門」にて、優勝した梅酒です。
梅のピューレを配合することで、より一層とろみと酸味を感じる梅酒です。
甘ったるい梅酒が苦手な方はぜひどうぞ。
すっきりとした飲み口の本格的な梅酒です。

白鳥大橋ウォーク



先日の10月8日の白鳥大橋ウォークに参加してきました。
普段は車しか通れない白鳥大橋ですが
この日は徒歩で橋を渡れます。
車では気づかない景色をたくさん発見できました。
側壁に残る事故の跡とか・・・



参加定員は10000人。
定員まで集まったかはわかりませんが
とにかくすごい人でした。



橋を歩きで渡れば標識もこんな近くで確認できます。







普段車では気づかない何気ない物も発見するとうれしくなります。



子供店長も興奮しっぱなし。



赤子店長は逆走したりとやりたい放題。



子供店長が下を見てと騒いでいました。
見てみると車がハートの形に。
偶然かな?



大橋の真下にある工場も真上から見下ろせます。
右下の方にある汽車はなんだろう?



橋の上から真上を見上げました。



謎の何かも歩いてました。



こちらは鳩山元首相。
SPが張り付いています。
来賓の挨拶で
「白鳥大橋の2期工事が必要です」
と熱弁をしていました。
建設関係が喜びそうですね。



ウォークが終わると室蘭のおいしい水と



割り箸がもらえました。
三膳一組ですが改めて見ると
3つそろって白鳥大橋の夜景になるんですね。
それと箸と橋をかけている所がにくいですね。
普段歩けない白鳥大橋を歩いて堪能できとても満足でした。

同時に白鳥マラソンもやっていました。
こちらはちょっと不満の声が聞こえてきました。
最初の給水が8km地点、でスポーツドリンクはなし。
しかも500mLのペットボトルで飲み難いし、途中で捨てられないらしいです。
これは次回あれば改善して頂けるといいでですね。

次回は子供店長とハーフマラソンを目指して特訓中!