登別の居酒屋「ぐうちょきぱ」新鮮な海鮮料理と日本酒をご提供!

【居酒屋ぐうちょきぱ】

登別の居酒屋店長の独り言

ニドムの妖精



先日、苫小牧のニドムで友人の結婚式がありました。
結婚式に行くとこちらまでなんだか幸せな気分になりますね。

結婚は夫や妻によって創り出されるものではなく
逆に夫と妻が結婚によって創られる


私の好きな言葉です。
夫0歳、妻0歳。結婚によって生まれた二人は
ちょっとずつ成長していきます。
気づけば私達も10歳か・・・
少しは成長できたかな?

結婚前には両目を大きく開いて見よ。
結婚してからは片目を閉じよ。


この言葉も好きです。
最近は両目を閉じていますが

結婚式といえば料理も気になりますよね。



帆立焼き霜造り 車海老生揚げ トリュフ 
エディブルフラワー 胡麻ポンズソース



旬のお野菜 バジルジュレ



フォアグラのソテー 季節の茶碗蒸し
コーヒー風味のソース



蟹フライ バジルタルタルソース 
豆乳リコッタチーズ いくら餡棒寿司
ポンズの泡ソース からすみと発酵バター
紅白まゆ玉 イベリコチョリソー バターピーナッツ



日高沖大助西京焼き
赤飯シュウマイあわび 肝ソース掛け
伏見青唐 スーパーヒート蒸し



和牛ヒレロティ 季節野菜のグリル
和風赤ワインソース フランポワーズソース



苫小牧産ほっき貝とうにのリゾット



イチゴのティラミス仕立て
ブルーベリー ミント 季節のフルーツコンポート
バラのアイスクリーム



料理もおいしかったし、式も最高でした。
末永くお幸せに!
片目を閉じるのを忘れずに!
スポンサーサイト

山廃純米吟醸 金滴吟風



北海道のお酒、山廃純米吟醸 金滴吟風入荷しました。
吟醸酒とはお米を磨きに磨きを重ねたお酒の事です。
通常のお酒と飲み比べるとその違いは一目瞭然です。
この機会にぜひどうぞ!

断髪式



赤子店長の生まれてから初の断髪式。



この世の終わりのような泣き声をあげて必死の抵抗。
引っかきや噛み付きを駆使しエスケープを試みます。



逃げられたので自宅で散髪し、ちびまる子ちゃんのようになりました。

絶望魔宮



先日サンパレスへ行ってきました。



目的はリアル脱出ゲームの絶望魔宮です。



この時点で成功者は8名。
狭き門に子供店長と私と姪×2の4人で挑みます。
・・・が第一関門で敢え無く敗退。
謎は解けたのですが勘違いでの失敗なので悔いが残ります。



この悔しさはプールで癒します。



赤子店長が昼寝から目覚めたのでみんなで入ります。



プール入り口のホワイトボードにピクミン発見!
ピクミン通の子供店長大喜び。



本日のお宿はホロホロ山荘。



早速クワガタがお出迎え。



中ではクワガタが飛び回り子供店長大興奮。



お風呂へ続く通路が日常を忘れさせてくれます。
子供も少ないのでゆったりとお風呂を楽しめます。



初岩盤浴もチャレンジしました。
尋常じゃない汗が出てびっくり。
隣の姪はそれほど出てない・・・
年をとると出やすくなるのかな?
身も心もリフレッシュできた休日でした。

三重錦 涼純 純米生酒



風も涼しくなり夏も終わりに近づいてきましたね。



マイマイ蛾の襲来等いろいろあった夏でした。



今年最後の夏限定酒入荷しました。
ちなみにこの三重錦は元プロボクサーが杜氏です。
ガツンと来るこの味をぜひどうぞ!

自由研究

昨日で夏休みも終わり子供店長もいつもの日常へと戻っていきます。
遡る事数日前・・・



夏休みの宿題が残すは自由研究のみ。
刻一刻とタイムリミットが迫る中
研究に没頭し、頑張る子供店長。



その後ろで虎視眈々と邪魔する機会を伺う赤子店長・・・
子供店長の研究は完成したのか!?

北の錦山廃純米酒



北の錦山廃純米酒入荷しました。
北海道の酒造好適米「吟風」を70%精米で
今回は、1回火入れのアルコール15%。
山廃独特の日本酒の香りと喉越しがやみつきになります。
白い蛇がカッコイイ
北海道は栗山のお酒を
この機会にどうぞ!

来福X



ぐうちょきで1,2を争う人気酒の来福X入荷しました。
スペック非公開のお酒ですが
とても飲みやすく女性でも気軽に飲める日本酒です。

自家製カリン酒2013



先日、奥さんのおばあちゃんからカリンをもらったので



カリン酒を仕込みました。



おいしくなりますように・・・



目指せ平成30年!

万齢 純米吟醸 夏の生



万齢 純米吟醸 夏の生入荷しました。
このお酒は超々微発砲うすにごり本生原酒です。
飲むとまずは微発泡感とフレッシュな旨味が喉を通り
心地よい酸とほのかな甘みが光ります。
すっきりとした口あたりが特徴の美酒です。
夏限定のお酒なのでこの機会にぜひどうぞ!