FC2ブログ
登別の居酒屋「ぐうちょきぱ」新鮮な海鮮料理と日本酒をご提供!

【居酒屋ぐうちょきぱ】

登別の居酒屋店長の独り言

食品衛生指導員養成講習会

11月21日(月)営業致します



初雪も降り、段々と冬の足音が聞こえてきましたね。
ぐうちょきの黒板は秋真っ盛りですが・・・

今回は飲食店における食品衛生について書きたいと思います。
まず、飲食店を営業するには食品衛生責任者をお店に置かなくてはいけません。
なぜなら、安心安全をお客様に提供することが何より大切だからです。
食品衛生責任者は調理師の免許があれば誰でもなれますが指導員には専門の講習を受けなくてはなりません。
ぐうちょきも食品衛生をより強化すべく講習を受けてきました。
この講習が長いこと長いこと。
朝9時から夕方4時半までぶっとうしで講習を受けます。
いろんな角度からの指導なので直接関係ない食品の小売の表示方法等の講義も受けなくてはいけません。
その中で消費期限と賞味期限の違いを知ることができました。
その違いは期限が5日以内なら消費期限となり日持ちのするものは賞味期限と表示します。
それと原材料の記載は含有量の多い順に記載する決まりなので、その商品に何が多く入っているかがわかりますね。
ちなみに食品添加物は最後にまとめて記載しなくてはいけません。
また、新しい衛生管理技術のHACCPの導入により、その説明もありました。
これは、より安全に商品を提供するために考えられたNASAで開発された食品の衛生管理システムです。
NASAの言葉が出てくるだけでなんか仰々しいですね。
あとは食品衛生協会会員のための福利厚生制度の説明もありました。
つまりは何かトラブルが起こった時のための保険ですね。
食品に異物が混入しお客様が口内を負傷した時の保障から食中毒が発生し、営業停止中の休業補償まで保障内容は様々です。
掛け金にもよりますが5000万~一億円を上限に保障されます。
しかしユッケ食中毒のえびすの件はこの保障を逸脱していますし大丈夫なのでしょうか?
いや、大丈夫なわけがないですよね・・・

これからもぐうちょきでは安心安全を第一に考え、日々食品衛生を向上させていけるよう勤めていきます!

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)