FC2ブログ
登別の居酒屋「ぐうちょきぱ」新鮮な海鮮料理と日本酒をご提供!

【居酒屋ぐうちょきぱ】

登別の居酒屋店長の独り言

ワイン懐石 銀座 囃shiya HAYASHIYA

ワイン懐石 銀座 囃shiya HAYASHIYA

今回の旅の一番の目的はここ!
写真がないのは寂しいですが出して頂いたコースを順番に

先付け さつま芋豆腐のジュレは美しいワイングラスに盛り付けてあり、見た目も綺麗。蟹のほぐし身とジュレの旨みが良くマッチしていた。

前菜 アンキモ、ハチノスのトマト煮、時雨煮、朝取り野菜の塩ダレ。ハチノスをトマトと合わせるのが斬新。朝取れのパプリカは今まで食べたどのピーマンよりもみずみずしく野菜の概念が覆りました。パリッとフレッシュさが桁違い。

お造り 真イカ、ホッキ貝、活タコ。驚いた事に刺身醤油がありません。醤油ジュレをお刺身に合わせて食指ます。

お魚 銀ダラと野菜合わせ。自家製のポン酢がとても上品。酸味を抑えて鰹の味が生きていた。柚子味噌をポン酢に落とせばまた違ったお味に。

蒸し物 生海苔が一面にひかれた茶碗蒸し。これを見た時「あれ?」と思った。今まで出てきた品に比べると一段劣る感じがした。茶碗蒸しとは卵を食べるのでもなく具を食べるのでもなく「出汁を食べる」と解釈している。出汁はそのままでは食べられないので卵を使って固める。これは出し巻き卵でも同じ。しかし囃SHIYAの茶碗蒸しはすべてが揃って初めて完成する。特に出汁が生海苔とよく絡まり最高の形で口へと運ばれる。生海苔の下のワサビも良いアクセントだった。一番印象に残ったのがこれでした。

メイン ヤリイカの肝ソース和え。肝のソースが絶品!肝をこのように調理できるのは経験と斬新な発想のなせる技だと納得の逸品。

デザート 紫芋、きな粉をまぶした葛餅、ふわふわなチーズケーキ、手作りのチョコにアイスとフルーツがひとつのプレートに色とりどりにちりばめられた目にもおいしいデザート。

ドリンクはかつぬまワインの赤をチョイスしてもらいました。実はあまりワインは得意ではないんですがスッと喉越しの良い料理にマッチしたワインでした。

以上の感想は食べログにも書いたのですがまだまだ伝えきれないです。
食に感心のある人はもちろんですが、特に同業者が行っても勉強になります。
なぜかと言えば食のプロデュースをも手掛けているからです。詳しくは囃shiyaホームページ参照。

料理のアイデアを頂いたのですがお店は工事中なので調理ができず。
早く作りたい・・・






スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)