登別の居酒屋「ぐうちょきぱ」新鮮な海鮮料理と日本酒をご提供!

【居酒屋ぐうちょきぱ】

登別の居酒屋店長の独り言

数の子



子孫繁栄の意味から縁起物とされている、お正月の料理などにはかかせない数の子。
もちろん、ぐうちょきでもお出ししました。
修行時代のお節造りの時は、寝ないで数の子の皮を剥きました。
食材が痛まないように、暖房を消し窓を少し開けた部屋の中での作業は
今思い出しても震えがきます。
しかし、そこまでしたからこそ、おいしいお節をお客様に届けられたのだと思います。
数の子の味も好きですが、その食感と音も大変良いですね。
まさに”音を食べる”食材です。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)