登別の居酒屋「ぐうちょきぱ」新鮮な海鮮料理と日本酒をご提供!

【居酒屋ぐうちょきぱ】

登別の居酒屋店長の独り言

従業員Rのベーコン日記①

皆様、こんばんわ。

居酒屋ぐうちょきぱのなんでも屋さんこと従業員Rです。

日記のタイトルの通り…

ベーコン作るよ!!

116009main.jpg
写真はイメージです

作ることが何よりも大好きな私は、道具から食品から子供までなんでも・・・・

とにかく作ることが大好きなんです!!

今回は燻製機も作ってしまいます!

本日は肉の塩漬けについてです。

↓こちら豚のバラ肉です↓
2014080602.jpg

今回はスーパーでg150円の特売品です。

■■■■材料■■■■
・豚肉
(ベーコンなのでバラ肉を使います。脂身が苦手な方はバラ以外でも大丈夫だと思います。)
・塩
・岩塩
・スパイス
(一般的なものを作るならばローリエだけでいいと思いますが、今回は夏にぴったりのスパイシーなものにしたいので
ブラックペッパー、オニオン、ガーリック、タイム、オレガノを使います。配分はお店で聞いてね♪)

・野菜類(皮付きニンジン・玉ねぎ・セロリ)

■■■作業工程■■■
①肉にフォークなどで筋きりと漬け込み液がしみこみやすくするための穴を開けます。
2014080603.jpg

②肉にまんべんなく岩塩とスパイスをすりこみます。
2014080604.jpg
今回岩塩をしようしたのは燻製した際に表面がパリっと仕上がるようにするためです。
食塩より水が出にくいのでこのままでは腐敗してしまう可能性があるため次の工程でその欠点を補います。

③野菜を塩もみし、水分が出始めたら野菜で肉をはさみます。
2014080601.jpg20140806005.jpg
今回二つの塩を用意した理由はここです。
食塩で野菜を揉むことですばやく水分をだし、岩塩の欠点を補います。さらにスパイスに比べこの3点は生野菜を使ったほうが味が断然良くなります。
土などがついた状態で一緒に漬け込むと余計な菌が繁殖してしまう場合があるため、ニンジンはよく洗ってから皮ごとスライスしてください。肉と野菜をラップで包みますがぴったりと包む必要はないです。

④さらに密封が出来る袋に入れて冷蔵庫で漬け込みます。
2014080606.jpg

作業自体はとても簡単なのですが時間が掛かってしまうのが・・・・。

次回は漬け込み過程と燻製機を作ります!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)